水道工事 とは

ひとくちに水道工事と言っても、屋内と屋外では、別の工事になることをご存じでしょうか。

屋外の水道工事は、『給水管引き込み工事』と呼ばれます。
簡単に言うと、隣接する道路の地下に敷設されている水道管から、自宅、より正確には敷地内の水道メーターまでの工事を指します。

屋内の水道工事は、『屋内配管工事』と呼ばれます。
こちらは、屋外の水道メーターか、または、その付近にある第1止水栓(いわゆる『元栓』)から、自宅の台所や洗面所などにある、水道の蛇口までの工事のことです。

これら一連の工事全体を総称して、『給水装置工事』と言い、水道管から蛇口までの全ての器具を給水装置と呼ぶのです。

一般的な一戸建ての住宅では、この水道工事で施工された配水管を、直接それぞれの蛇口につなげる給水方式を採っています。
その為、この方法は『直結式給水方式』と呼ばれています。

一戸建てにお住まいの方であれば、ここまでの認識で充分なのですが、マンションに代表される集合住宅では、少し事情が変わります。

前述の直結式給水方式は、道路下の水道管の中を流れる水の勢い、すなわち『水圧』を、そのまま利用して蛇口から水を流す方法です。

低い建物であれば、水圧だけでも水は蛇口に届きますが、建物がある程度の高さを超えた場合、自然な水の勢いだけでは、充分な流水力が得られなくなります。
その高さを昇るだけの勢いが水に必要になり、それを得る為に、電動ポンプを利用するのが普通です。

ポンプ式には、ポンプで汲み上げた水を屋上の水槽に貯め、落下する水の勢いを利用する『受水槽式給水方式』と、ポンプの流水を直接各戸に繋げる、『中高層直結式給水方式』の二つがあります。

昭和30年代から40年代に建てられた大型団地には、給水塔と呼ばれる巨大施設がつきものでした。
モニュメントタワー的にも見えたこの施設は、まさにこの、ポンプ式の給水設備だったのです。
この時代をご存じの方には、懐かしく思い出されることと思います。

最後に、よく混同されるのですが、下水道工事は水道工事に含まれません。

下水道工事は、家庭排水や雨水を流す管を敷設する工事を指します。
公道に埋設された水道管から上水を引く工事とは、区別されているので、ご注意ください。


サービス内容

水道工事

料金相場:現場お見積もり
トイレ
・ウォシュレット
・便座交換
・リモデル
・トイレタンク
・便器
・便座
などトイレ設備の修理・交換・便器交換
台所
・システムキッチン
・浄水器
・食器洗い機
・食器洗い乾燥機
・分岐水栓取付
お風呂
・システムバス
・シャワーヘッド
・ホース交換
・浴槽タイル施工
洗面所
・洗面台
・洗面化粧台
・洗面器
等の取替え工事
その他
・高架水槽タンク内の汚れ消毒 点検
・給水ポンプ
・排水ポンプの故障・修理・交換
・ポンプ水圧の低下
・給湯器修理・交換
・蛇口の水が出ない
・水の出が悪い
・排水マス(枡)交換
・配管補修、工事
・水道から変な異音がする
・上下水道工事、給水管工事、排水管工事

水漏れ工事までのフロー


一押し業者はココ!


クチコミ評価1位

住まいる水道
0120-365-253
東京都練馬区北町5-10-21
http://mizumore365.com/

クチコミ評価3位

グローバルメンテナンス
0120-180-666
大阪市淀川区加島3丁目中3-22
http://www.global-m.ne.jp/

クチコミ評価3位

ラインファミリー
0120-55-8776
埼玉県さいたま市中央区上峰2-3-1
http://www.linefamily.co.jp/